二人目不妊の原因は高齢のせいだけじゃない?二人目を妊娠する方法。

二人目不妊の原因とは?2人目の子供が欲しい二人目不妊を克服したい人のためのサイトです。

*

二人目不妊って何?

一人目の赤ちゃんは何事もなく無事に妊娠して出産できたものの、二人目が中々妊娠できない状態を二人目不妊と呼びます。

一度も妊娠したことのない不妊を原発性不妊と呼ぶのに対して、一度でも妊娠したことのある女性の不妊は「二人目不妊」や「続発性不妊」とも言うのです。

赤ちゃんを授かることができずに一人目を妊娠するために妊活している女性と比べれば、二人目不妊の悩みはそこまで深刻ではないかもしれません。

第一子が妊娠できない女性からすれば、「一人でも子供がいるなんて羨ましい」「そんな悩みは贅沢過ぎる」という意見が飛び交いそうです。

しかし、「子供をたくさん作りたい」「賑やかな家庭を作りたい」と考えている女性にとっては、二人目でも三人目でも妊娠できないのは辛いことです。

子供を既に生んでいるからといって不妊症にならないというわけではなく、意外にも二人目不妊で悩んでいる女性は数多くいらっしゃいます。

2009年から2013年までに、大阪府不妊専門相談センターが調べたデータでは二人目不妊の相談率が6%から16%に増えていることが分かりました。

  • 第一子とは違う性格の子供が欲しい
  • 一人っ子だと寂しい思いをさせるかもしれない
  • 義理の両親から男の子が欲しいとプレッシャーをかけられている

上記のように、二人目の赤ちゃんが欲しい理由はご家庭によって違いが生じておりますが、二人目不妊は当人にとって切実な問題なのは紛れもない事実です。

そこで、以下ではどのような原因で二人目不妊が引き起こされるのかご説明しているので、悩みを抱えている女性は一度参照してみてください。

出産時の出血が原因の二人目不妊

一人目の赤ちゃんを出産した際に大量の出血があると、二人目不妊の原因となります。

もちろん、一人目の妊娠や出産で何も異常がなければ不妊の原因にはならず、たとえ子宮壁をメスで切り開いて胎児を取り出す帝王切開でもこの点に関しては一緒です。

しかし、あまりにも大量の出血があるとその後の母体が命の危険に晒されないとしても、卵子が着床する子宮の環境に異常が生じます。

  1. 夫婦で仲良しを行う
  2. 精子が卵子へと入り込む
  3. 受精して受精卵が分割しながら子宮へと移動する
  4. 子宮内膜に着床して妊娠する
  5. 子宮の中で赤ちゃんが育つ

上記のように、妊娠する上で子宮の役割は最も重要と言っても過言ではなく、その環境が悪ければ排卵障害などが引き起こされて二人目不妊の原因に繋がりやすいのです。

また、出産によって卵巣や卵管にクラミジアやカンジタなどの感染症を中心とするトラブルが引き起こされるのも、二人目不妊の原因の一つかもしれません。

加齢が原因の二人目不妊

加齢による仕方のない要素が二人目不妊の原因だと考えることができます。

当然のように、一人目の赤ちゃんを妊娠して出産し、排卵が再開した後に二人目を作るために仲良しする形となるため、当然のように妻も夫も年齢を重ねているはずです。

夫婦によって異なりますが2年間程度なので身体が一気に老化しているわけではないものの、男性の精子も女性の卵子も加齢によって少しずつ妊娠しにくい状態に陥っております。

現在では晩婚化が進んでおり、一人目の赤ちゃんを生んだ段階で既に35歳以上の高齢出産ならば二人目不妊の原因に繋がりやすいのではないでしょうか。

卵子は女性ホルモンの分泌減少の影響で35歳を境にして急速に老化が進む傾向があり、たった数年間でも妊娠できる確率は下がっていきます。

25歳から30歳での自然妊娠率は25%〜30%程度なのに対して、40歳では5%と非常に低くなるというデータがありました。

そのため、二人目や三人目の赤ちゃんを作りたいと切実に願っているのならば、年齢を重ねる前に早めに自然妊娠への努力を行うべきです。

最初から不妊の原因を持っていた

不妊の原因が女性にあるのか男性にあるのか夫婦によって異なるものの、最初から不妊だった可能性も少なからずあります。

一人目では運良く妊活期間がほとんどなく妊娠できたとしても、どちらか片方、または両者に原因となる要素があれば二人目不妊に繋がりやすいのです。

「不妊の原因は女性にあり」と考えている方は多いものの、現在では男女の両方に原因が潜んでいることが判明し、その割合は下記のようになっております。

  • 女性に原因あり:40%
  • 男性に原因あり:40%
  • 両方に原因あり:15%
  • 原因不明:5%

女性の子宮の環境が悪ければ排卵障害が引き起こされるので妊娠しにくくなり、精子の数が少ない精子減少症や精子が全く形成されない無精子症も男性不妊の原因です。

このように、一人目はタイミング良く妊娠できたとしても、二人目や三人目がスムーズに授かるわけではないので、二人目不妊で悩んでいるのならば夫婦一緒に今後のことを考えていかなければなりません。

ホルモンバランスの乱れが原因の二人目不妊

一人目のお子さんをスムーズに出産できたのならば、子宮の病気が原因で二人目不妊を引き起こしている可能性は低くなります。

もちろん、上記でもご説明したように、出産時の出血が原因で二人目不妊に至るケースは少なくないでしょう。

しかし、別のところに原因が潜んでいる可能性の方が圧倒的に高く、その一つがホルモンバランスの乱れです。

出産後の女性の身体には脳の下垂体からプロラクチンと呼ばれるホルモンが分泌され、排卵を抑制する作用があるので妊娠しづらくなります。

授乳期の妊娠を防ぐために分泌されているのですが、ホルモンバランスが乱れていると授乳期が過ぎてもプロラクチンの量が減らす、二人目不妊の原因になりやすいのです。

そこで、どのような原因でホルモンバランスが乱れやすいのか下記では説明しているので参照してみてください。

  • 加齢によって女性ホルモンの分泌量自体が減少している
  • 授乳中の体重増加を防ぐために無理なダイエットを行っている
  • 不規則な食生活を送ることで身体に必要な栄養素が不足している
  • 環境の変化や精神的なストレスによって身体の様々な機能を司っている自律神経が乱れている
  • 子育てによる睡眠不足で疲労感が溜まっている
  • 慣れない育児と赤ちゃんのリズムに合わせた生活を送り続けることでストレスが溜まっている
  • 運動不足によって交感神経と副交感神経の2種類の自律神経がスムーズに働けなくなっている

上記のように、様々な原因でホルモンバランスの乱れが引き起こされることがお分かり頂けるはずです。

不規則な生活習慣を送っている人ほどホルモンも自律神経もバランスが崩れやすく、女性の場合は排卵障害が引き起こされやすくなり、男性の場合は精子の生産と関わっているテストステロンの分泌量が減少しやすくなります。

そのため、二人目不妊で悩んでいるのならば、夫婦一緒にホルモンバランスを整えて赤ちゃんを授かりやすい体質を維持できるように努力した方が良いでしょう。

夫婦関係の変化が原因の二人目不妊

夫婦関係が変化したことも二人目不妊の原因の一つとなっております。

  • 女性⇒マタニティブルーによる不安で眠れなくなったりうつのような症状が引き起こされたりしてストレスが溜まる
  • 男性⇒一人目の子供を育てるためにお金を稼がなければならず、以前よりも残業の時間が増えて家族と一緒に過ごす時間が減った

家庭によって異なるので一概には説明できないものの、一人目の子供が生まれて上記のようにお互いに生活が変化することは多いはずです。

その夫婦関係の変化によってお互いに一緒に生活する時間を取れず、仲良しの回数が減れば当然のように妊娠できる確率は下がります。

「妻が二人目を作りたいと切実に願っていても夫が仕事で疲れていて相手にしてくれない」「夫が二人目を作りたいと願っていても妻が慣れない子育てに追われていて時間が取れない」といった状況だと、二人目不妊の原因に繋がるかもしれません。

仲良しの回数が増えれば増えるほど年齢に関わらず妊娠の確率は高まるため、お互いの気持ちの持ちようが大事です。

二人目不妊の克服方法について

どのように二人目不妊を克服すれば良いのか?」という悩みを抱えている夫婦は多いはずです。

原因によって対策方法は大きく異なり、一人目の妊娠や出産で感染症による排卵障害を引き起こしているのならば病院を受診しなければなりません。

「元々不妊だったのか」「二人目から不妊になったのか」といった内容は素人では判断しづらく、婦人科や不妊専門の病院で相談するのが最適な克服方法となっております。

血液検査や超音波検査を専門の病院で受けて二人目不妊だと判明すれば、医師の指示に従って治療の方針を決めていくという形です。

しかし、ホルモンバランスの乱れが引き金となっているのならば、毎日の生活習慣に気を配ることで十分に二人目不妊を克服できます。

特に、妊活中や不妊の悩みを抱えている女性におすすめなのがマカサプリで、マカとは南米ペルーに植生するアブラナ科の植物です。

マカの成分を含んだ健康食品がマカサプリとなっており、現在では通販で様々な種類の製品が登場しております。

そこで、マカがどのような効果や効能を秘めているのか以下ではご説明しているので、二人目不妊で悩んでいる方は確認してみましょう。

  • 16種類のアミノ酸や9種類のミネラルなど豊富な栄養素が配合されている
  • 受胎能力を高めるリジンの摂取で妊娠しやすい身体作りをサポートしてくれる
  • 女性ホルモンのエストロゲンと似た作用が得られる成分の摂取でホルモンバランスの乱れを整えられる
  • 血液の巡りを良くして新陳代謝をアップさせられる
  • 滋養強壮や免疫力を高める効果で病気になりにくい体質を維持できる
  • 豊富なビタミンBの摂取で自律神経のバランスを整えて体調トラブルを予防できる
  • 全身に血流を行き渡らせて新陳代謝をアップさせ、脂肪の燃焼をサポートしてくれるのでダイエットに繋がる
  • 血糖値を下げたり血圧を安定化させたりという作用で高血圧や高血糖の予防に繋がる

上記のように、美容や健康にとってマカは欠かせない存在で、サプリメントを利用すれば適切な量を簡単に取り入れることができます。

妊娠しやすい身体作りをサポートするための栄養素が豊富なので、二人目不妊で悩んでいる女性でマカサプリを摂取している方は多いのではないでしょうか。

当サイトでは、通販のマカサプリの中でも高い評判と人気を得ている「ハグクミの恵み」をご紹介しております。

ベビ待ち女性も産後のママも愛用しており、マカサプリのランキングで見事1位を獲得しました。

  • 赤ちゃんを中々授かることができない
  • 月のリズムが崩れている
  • 晩婚で上手くいかない
  • 二人目の赤ちゃんが中々できない
  • ストレスが溜まってイライラする

上記のような女性にこの商品は適しており、毎月お届けコースで約60%オフの2,980円という格安価格で販売されているので、「ハグクミの恵み」の公式サイトで詳細を確かめてみてください。

>>『ハグクミの恵み』を公式サイトで見てみる

二人目不妊の治療ではなく二人目のための妊活をしよう

一人目を授からない状態でも二人目不妊の女性でも、まず最初に病院での治療を頭でイメージするかもしれません。

確かに、身体に異常が引き起こされていることが原因で不妊に至っているケースは多いですし、見た目では判断できないこともあるので病院での検査は選択肢の一つとなっております。

しかし、二人目不妊の治療よりも、一人目と同じように妊娠しやすい体質を維持できるように、日常生活に焦点を当てた妊活を行うべきです。

下記では、マカサプリメントの摂取以外の妊活として何を行えば良いのかご紹介しているので、夫婦一丸となって試してみましょう。

  • 妊娠を妨げる原因となるストレスを発散させるためにリラックスやリフレッシュを心掛ける
  • 血行不良による冷え性を防ぐために半身浴や身体を温める食材を食べる
  • 健康体の維持に欠かせない栄養素を1日に3食の食事でバランス良く摂取する
  • 睡眠不足や運動不足など生活スタイルの乱れを見直す
  • 一人目と同じように基礎体温を測って自分の生理や排卵のリズムをきちんとチェックする
  • 「最悪二人目ができなくても大事な一人の子供を一生懸命に育てれば良い」と気楽な気持ちで考える
  • パパとママの絆を深めて二人で妊娠できるように協力して体調を整えていく

上記のような妊活を行っていれば、二人目不妊を解消して妊娠しやすい身体を作ることができます。

妊娠できるできないは女性だけが抱える問題ではなく、夫である男性も一緒に考えなければなりません。

食生活の乱れや睡眠不足でホルモンバランスが崩れるのは男性も一緒ですし、仕事やプライベートで強いストレスを感じていると精神的な余裕がなくなって妊娠にも悪影響が生じます。

二人目不妊を完璧に防ぐ方法は存在しませんが、お互いに愛を深めながら自分達のペースで二人目不妊を克服できるように努力してみてください。

マカサプリで妊活とてもオススメですよ。

>>『ハグクミの恵み』を公式サイトで見てみる